0コメント

台湾オープン 土居美咲 準々決勝は奈良くるみとの同級生対決



台湾オープン

女子テニスツアーの台湾オープン(台湾/高雄、ハード)は11日、シングルス2回戦が行われ、第2シードで世界ランク61位の土居美咲(日本)がM・リネッタ(ポーランド)を6-2, 6-3のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

この試合、1度もブレークチャンスを握らせることなく第1セットを先取した土居は主導権を握り、第2セットは3度のブレークに成功して1時間13分で準々決勝進出を決めた。

準々決勝では第7シードの奈良くるみ(日本)と対戦する。両者の対戦成績は2勝2敗のイーブン。直近の対戦は昨年9月の東レ・パン・パシフィック・オープンテニスでその際、土居は奈良に敗れている。

1月の全豪オープンでは、1回戦でA・ケルバー(ドイツ)からマッチポイントを握るもその逆転を許し、敗れた。その後ケルバーは勝ち進み、優勝を遂げただけに土居にとって悔しい敗戦となった。

今大会には日本勢から6名の選手が出場していたが、大坂なおみ(日本)をはじめ敗退が相次ぎ、残るは土居と奈良の2名となった。

今大会のシード勢は第1シードにV・ウィリアムズ(アメリカ)、第2シードに土居、第3シードにプチンセワ、第4シードにZ・ディアス(カザフスタン)となっていたがディアスは2回戦で敗れ、既に姿を消している。

この記事へのコメント