0コメント

イラク最大ダム決壊の恐れ 米警告、50万人死亡も


2016/02/02 に公開


イラクは2日、イタリアの企業トレビ(Trevi)と、壊滅的崩壊の危機にある同国最­大のモスル(Mosul)ダムの修理およびメンテナンス事業を委託する契約を結んだと­発表した。モスルダムは水にさらされると浸食を受ける不安定な地盤の上に建てられてい­る上、2014年にイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に占拠されている間は、­メンテナンスもできなかった。映像はモスルダム。1日撮影。(c)AFP

※コメント
どちらが嘘を煽っているのか?鬼畜米国のプロパガンダぽっいですね・・・

【カイロ共同】米陸軍工兵隊は10日までに、イラク北部モスル北方にある同国最大のモスルダムが決壊する恐れが高まっているとの報告書をまとめた。イラク連邦議会が同日までに公表した。AP通信によると、米当局者は、決壊すればダム湖の膨大な水が洪水を引き起こし50万人以上が死亡、数百万人が住居を失うと推定している。

 不安定な地盤の上に建設されたため、定期的にダムの基礎部分にセメントを注入する必要があるが、過激派組織「イスラム国」(IS)に一時制圧されたほか、戦闘の影響で維持管理ができていない状況が続いている。

この記事へのコメント