0コメント

ロシア最大手石油企業会長 10ドルまでの原油価格下落を容認!

1207771.jpg


ロシア最大の国営石油企業「ロスネフチ」のイーゴリ・セチン会長は「原油価格は、心理的な指標である1バレル=25ドル以下に下がるのみならず、1バレルあたり10ドルになる可能性がある」と述べた。


セチン会長の、この発言は、ロンドンで開かれた国際会議「IP Week」でなされたものだ。

セチン会長は、次のように述べた-

「金融市場の参加者達は、自分達の純粋に金融上の課題解決に制約がある事を知らない。彼らは、たとえ1バレル=10ドルにまで価格が下がっても、どのような価格であっても『テストし調査研究する』用意ができている。」



この記事へのコメント