0コメント

薄毛にまつわる都市伝説「雨に打たれるとハゲる」は本当なのか

utsuchiryo.jpg
薄毛にまつわる都市伝説には色々なものがある。中でも割と信ぴょう性がありそうなのが「雨に打たれるとハゲる!」というものだ。

確かに最近は酸性雨が世界的な社会問題となっている。例えばドイツのシュヴァルツヴァルトの森林が酸性雨で枯れ果ててしまった映像を連想する人もいるのではないだろうか。

酸性雨は本当に怖い?



さて、実は雨はもともと弱酸性だったりする。pH値5.6以下の場合のみ酸性雨と言われているのだが、日本の雨の平均pH値は5.79(2012年調査)。つまり酸性雨が降ることはあまり無い、と言える。

人間の皮膚(頭皮含む)は弱酸性なので、酸性雨を浴びたからといってハゲるほどの悪影響を受けるとは考えづらい。

ということで、結論としては雨に打たれた程度ではハゲないとなるだろう。

濡れたままは問題



酸性雨に当てられること自体は深刻な問題ではないが雨に濡れたまま放置するのはハゲる原因になりうるかもしれない。

というのが、濡れたままだと頭皮に雑菌が繁殖しやすくなってしまうからだ。また、雨に溶け込んだ有害物質などが頭皮にダメージを与える可能性もあるだろう。

なので、雨で頭が濡れてしまったら、なるべく早めにシャワーで流す。それが難しいならタオルやドライヤーで乾かすように心がけたいところだ。
_________________________________________
◆インターネットのお買い物はDubLiが断然お得!

en_vip_savings_300_250


この記事へのコメント