0コメント

レシートでパンパン!お金の貯まらない人の「残念な財布の特徴」3つ

11ab1cf8ee545354d76b54a49cb9aa55_m-1024x683.jpg

早いもので、気がつくと今年も1ヶ月が過ぎてしまいましたね。「今年こそはお金を貯めたい!」と思っている人も多いかと思います。けれども、お金を貯める体質になるには、これまでの“お金の使い方”を見直す必要があるんです!

お金の使い方は、その人の持っているお財布を見るとよく分かるといいます。そこで今回は、ファイナンシャルプランナーである筆者が、“お金の貯まらない人のお財布の特徴”についてお伝えします。



■1:レシートやポイントカードでパンパン

レシートやポイントカード、必要でなくてもとりあえずお財布に入れてしまうということはありませんか? いつでもパンパンに膨れたメタボ財布になっている人は気をつけましょう。お財布の中が把握できていないと、お金を管理することができません。

週に一度はレシートや領収書はきちんと整理して、お金の使い方を見直してみることをオススメします。常にお財布の中を把握しておくことで、お金を管理することができてくるんです!



■2:古くてボロボロのまま使っている

お財布は、毎日持ち歩くということもあり、長く使用していると汚れや傷みが気になってきますよね。みんなでランチをした時や、集金の時など、お財布は意外と人に見られているものです。

くたびれたままのお財布を使っていると、見た目も悪いですし、その人そのものの印象も悪くなってしまう可能性もあります。

お金の使い方は生き方そのものといっても過言ではありません。そして、お金の出入り口であるお財布にも、生き方が反映されてしまうものなのです。

まずは、今持っているお財布がお金にとって居心地がよいものであるか確認してみましょう。古くてボロボロになっていたとしたら、新しいお財布に変えてみるのをオススメします。



■3:コンビニ・スーパーで財布を使う回数が多い

公共料金の支払い、急なお金の引き出し等でコンビニをよく利用することもあるかと思います。そのたびに、よけいなものを買ってしまうことはありませんか?

公共料金は自動引き落としにし、毎月使うお金は用途に分けてまとめて引き出しておくなどして、“コンビニに行く機会”を減らしましょう。

また、スーパーのポイントデーやチラシに振り回されて買い物をすると、まだストックがあるのに、同じ商品を買ってしまうことにもなりかねません。

食料品等は何が残っているのか把握し、常備菜を作っておくなどすると、安いからといってスーパーで無駄に買い物をすることも少なくなりますね。

こうして、お財布を使う機会を減らすことで、無駄にお金を使うことが少なくなるんです。



以上、“お金の貯まらない人のお財布の使い方”をお伝えしましたが、いかがでしたか? 時間を大切にする人はお金も大切にするといいます。そして、お金の使い方はその人のお財布に表れてくるのです。

ぜひ、今、使っているお財布の使い方を見直してみましょう。

この記事へのコメント