0コメント

【東京新聞杯】また落馬の浜中に過怠金 ラチ激突も意識はあり



 「東京新聞杯・G3」(7日、東京)

 紅一点、5番人気のスマートレイアーがまんまと逃げ切り、2度目の重賞Vを飾った。


 3連勝中の勢いが評価され、1番人気に推されたダッシングブレイズは直線で競走中止。最内を狙って伸びかけたが、内ラチに激突して鞍上の浜中俊騎手が内馬場に投げ出される形となった。

 浜中騎手は府中市内の病院へ搬送。内ラチの上でバウンドする形で、内馬場に激しく打ちつけられたが、意識はあり、受け答えもできているという。馬は異常なし。浜中騎手には最後の直線での御法(内柵に接触しバランスを崩し落馬)について過怠金5万円の制裁が下された。

 浜中俊騎手は先月24日の中京1Rでも騎乗していた1番人気馬マーキークラブが、4角で外に逸走して外ラチに激突し、ダートコースから芝コースに投げ出されるアクシデントがあったばかり。その時は奇跡的に左上腕部打撲傷のみで済み、3日後の川崎記念にも騎乗した(アムールブリエ3着)。

この記事へのコメント