0コメント

北朝鮮ミサイルは5つに分離、東シナ海上などに落下 日本政府が発表

2912040600003_1.jpg

日本政府によると、午前9時31分ごろ、北朝鮮から発射された長距離弾道ミサイルは5つに分離し、一つが同37分ごろ、朝鮮半島の西約150キロの公海上に、もう2つが同39分ごろ、朝鮮半島の南西約250キロの東シナ海上にそれぞれ落下した。

 さらに一つが同41分ごろ、沖縄県上空を通過し、同45分ごろ、日本の南約2千キロの太平洋上に落下したと推定される。もう一つは南方向に飛行を継続した。
six_things_sm-6_gal_05_lg_jpg_resize=625,919.jpg

この記事へのコメント